東邦大学理学部物理学科
物性理論教室
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1

授業関連

メンバー

名前メール
(sci.toho-u.ac.jp
を付け足してください)
居室
(電話047-472-)
備考
教授河原林 透tkawa@ph.2514C
(7358)
教授大江 純一郎junichirou.ohe@2514B
(7351)
HP
DC3星 ☆ 幸治郎2514F
MC2勝岡 拓也2514F
MC2清藤 雄我2514F
MC2橋本 健人2514F
MC1青柳 克2514F
MC1保 亮一朗2514F
B4小川 統士騎2514F
B4片桐 杏奈2514F
B4関 駿吾2514F
B4橋本 隆裕2514F
B4早川 浩平2514F
B4三谷 優樹2514F
B4宮入 真菜2514F
B4宮田 麻那2514F
B4吉富 菜々2514F
B4神山 明日菜2514F
B4中村 美月2514F

名誉教授

近藤 淳 先生
小野 嘉之 先生

博士研究員

2017-2019年度
荒川 直也(転出先) 中央大学 米満研究室

卒業生(博士)

2017年度
嶋田 裕樹ねじれた磁気秩序中に誘起される磁気−電気−熱交差現象に対する数値的研究

卒業生(修士)

2019年度
石井 航太量子モンテカルロシミュレーションによるカゴメ磁性体上のベリー位相の研究
杉下 将哉カイラル磁性体中のスピン波伝播に対する数値的研究
室岡 玲美カイラル磁性体中に形成される非対称スカーミオンと磁化ダイナミクスに対する理論的研究
2018年度
平坂 真央Kernel Polynomial法を用いた乱れた2次元ディラック電子系の数値的研究
藤澤 周平内部自由度を持つディラック粒子系の数値的研究
2017年度
小林 芳成磁気skyrmion数密度勾配下におけるトポロジカルHall効果
杉浦 拓海乱れを含む磁性体におけるマグノン拡散の数値的研究
星 幸治郎磁化ダイナミクスから誘起される伝導電子ピン流の数値的研究
2016年度
板垣 諒二次元ディラック電子系のvortexに付随する電子状態の数値的研究
2015年度
渡辺 広紀螺旋磁性体中のスピン依存電気伝導とカイラリティを利用した磁気抵抗効果
2014年度
嶋田 裕樹カイラル磁性体中の磁化ダイナミクスから誘起されるスピン起電力
2013年度
坂本 紘樹3 層グラフェンのゼロエネルギー・ランダウ準位のランダムネ・Xに対する安定性
馬場 広大ディラック電子系の n=0 ランダウ準位における量子ホール転移の臨界指数
2012年度
広瀬 大記二次元電子格子系のマルチモード・パイエルス転移に伴う比熱の温度変化
本田 貴大フェルミオン・ダブリングを伴わないディラック電子のゼロモードのランダムネスに対する安定性

卒業生(学士)

2019年度
束田 真一、青柳 克、石渡 皓介、井上 晴音、小野 正太朗、小林 美輝、保 亮一朗、中野 大悟郎、松島 主水、松山 昴
2018年度
青山 太陸、大野 海清、荻 遼太郎、勝岡 拓也、清藤 雄我、鷹啄 涼太、土井 公太、橋本 健人、増井 淳人、横山 菜々
2017年度
青木 秀太、石井 航太、小野寺 純一、杉下 将哉、高橋 健人、安 信行、田光 芽衣、露木 ☺ 美桜、名池 一武、室岡 玲美、堀池 倫生